読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外駐在たまに広島在住の陸マイラー

マイルを貯めて飛行機に乗り、ラウンジを楽しみたい。

【プライオリティ・パスラウンジ利用】韓国ソウルインチョン空港 SKY HUB LOUNGE

空港ラウンジ

先日の一時帰国はインチョン空港経由でしたので、【プライオリティ・パス】を使ってラウンジで休憩してきました。場所を簡単に紹介したいと思います。

インチョン空港には複数の【プライオリティ・パスラウンジ】があります。どれも出国審査後のエリアですので、チェックイン、出国審査を済まして利用します。今回の様にインチョンでトランジットの場合は、着陸後にトランスファーエリアでボディチェックを受ければ、直接出発ロビーに辿り付きますので、そのままラウンジを利用できます。

f:id:yushishi:20170213163420j:plain

 旅客ターミナル(韓国系エアライン専用ターミナル)4Fの【SKY HUB LOUNGE】を目指します。3Fのターミナルを歩いて【Rest&Relax】と書かれた案内板を目指します。

f:id:yushishi:20170213163501j:plain

【SKY HUB LOUNGE】の案内看板発見。【プライオリティ・パス】の表示もありますね。指示通り、エスカレータorエレベータで4Fに登ります。

f:id:yushishi:20170213163550j:plain

 

f:id:yushishi:20170213163851j:plain

 目指すは8番のエリア。すぐ見つかります。13番はトランジットホテル。その他マッサージやら、ギャラリーやら…さすがの施設充実ぶりです。

f:id:yushishi:20170213163928j:plain

 到着。受付でチケットと【プライオリティ・パス】提示。サインをして入室します。

f:id:yushishi:20170213164149j:plain

 テーブル席あり、おひとり様席あり。長机あり。適当に座ります。各席に充電のコンセントありますが、韓国仕様のプラグ形状(Cタイプ)です。変換アタッチメントは受付で借りれるようです。USB端子用も2個ありますので、携帯、スマホの充電はこちらで可能。

f:id:yushishi:20170213164009j:plain

チャーハン、唐揚げ(甘辛)、サラダでお腹を満たしました。

f:id:yushishi:20170213164226j:plain

ここの特色は自分で作る、ビビンバ(混ぜご飯)です。結構美味しい。ぜひどうぞ。

 

飲み物はアルコール(ビール、赤白ワイン、ウイスキー、ソフトドリンク等あり。暖かい食べ物も豊富です。係りのお姉さんが料理の品切れをよくチェックしており、少なくなった大皿はすぐ補充してくれます。そこまで広い空間ではありませんが、他にもラウンジが点在しており、激混み状態は滅多にありませんので、よく利用させてもらっています。食事とアルコールを頂き、充電しているとあっという間に2時間位経っている感覚です。居心地が良すぎて飲み過ぎるのが…気をつけます。

 

今後も【プライオリティ・パスラウンジ】を利用したら、報告したいと思います。

【プライオリティ・パス】がお得に入手できるクレジットカードは下記をどうぞ↓↓↓

mile-from-hiroshima.hatenablog.com

 

【楽天プレミアムカードとANAマイル】陸マイラー向けクレジットカード診断

クレジットカード ANAマイル 空港ラウンジ

 私が保有しているクレジットカードに、楽天プレミアムカード】があります。

                         f:id:yushishi:20170104213436j:plain

楽天カード: 楽天プレミアムカード

数年前から保有しており、毎月の公共料金決済用、ショッピング用として活用しています。

この楽天プレミアムカード】陸マイラーにとって使えるカードなのか検証してみます。カード比較する場合、何を重要視するかによって、良いカードか悪いカードなのか変わってくると思いますが、

【年会費】

ANAマイル還元率】

【空港ラウンジ対応】

海外旅行保険

の項目について、検証しました。結果は以下のとおり。 

f:id:yushishi:20170103175428j:plain

 ANAマイル還元率】ですが、基本レート0.5%と残念な結果です。ただし、楽天市場でのショピングにおいては、ポイントupキャンペーンにより最大7倍。楽天カード利用分+3倍、プレミアムカード保有で+1倍となります。その他楽天市場アプリ、楽天モバイル利用でそれぞれ+1倍が加算されます。非常にわかり難いのですが、楽天カード利用特典分+3倍は期間限定ポイント扱いとなり、マイル交換対象となりません。

海外旅行保険は、他社ゴールドカード平均レベル。特に優れているわけではありません。しかし、自動付帯枠は充実しています。

このカードの素晴らしい点はやはり、プライオリティ・パスが無料付帯(発行手続きは別途必要)される点です。年会費10,800円でプライオリティ・パスが入手できるカードは楽天プレミアムカード】しかありません。

利用できるのは、本会員1名のみ。同伴者1名1回の利用につき、3,240円必要です。

      f:id:yushishi:20170105111521j:plain

 

まとめ

はっきり言って、陸マイラー向けではありません。海外出張、LCC利用等でプライオリティ・パスラウンジを使いたい人にはぴったりのカードだと思います。

 

 プライオリティ・パスラウンジの検索はこちらからできます↓↓↓

世界に広がるプライオリティ・パス・ラウンジ | プライオリティ・パス

 

プライオリティ・パスラウンジ利用 の記事もよろしければどうぞ↓↓↓

mile-from-hiroshima.hatenablog.com

 

妄想してみました【2017年もしSFC修行をしたら?③広島発着国際線編】

ANAマイル SFC修行

前回までは、広島空港発着の【国内線】をみてみました。 今回は広島空港発着の【国際線】におけるSFC修行適性!?をみてみます。

 

広島空港発着国内線についてはこちら↓↓↓

mile-from-hiroshima.hatenablog.com

mile-from-hiroshima.hatenablog.com

 

 

定番の【羽田⇒シンガポール⇒羽田】の発着に広島往復を追加したルート

【広島⇒成田(羽田)⇒シンガポール⇒成田(羽田)⇒広島】です。

獲得PPがお得なプレミアムエコノミーで算出してみます。

PP(プレミアムポイント)算出は、下記から↓↓↓

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

f:id:yushishi:20161230100114j:plain

基本マイレージ×クラス・運賃倍率(100%)×路線倍率(1.5)+搭乗ポイント(400)

(赤文字部分が、プレミアムエコノミー:予約クラスYのお得なポイントです)

片道5,368ポイントが獲得できます。トータルは下記のとおり。

f:id:yushishi:20161230110552j:plain

PP単価:9.10
獲得PP:12,392ポイント
50,000ポイント到達まで必要搭乗回数:5回

 

【広島⇒羽田⇒バンコク⇒羽田⇒広島】もみてみましょう。

f:id:yushishi:20161230101712j:plain

片道4,703ポイントが獲得できます。トータルは下記のとおり。

f:id:yushishi:20161230111544j:plain

 PP単価:11.58
獲得PP:11,062ポイント
50,000ポイント到達まで必要搭乗回数:5回

 

シンガポールバンコクどちらも10,000ポイント越えです。PP単価だけみれば、シンガポールが効率良く、トータルコストが抑えられます。 なお、図中では、2泊3日となっていますが、どちらも1泊2日可能です。3連休で2泊3日の旅にできればな~。

 

【広島⇒成田⇒クアラルンプール⇒成田⇒広島】もみてみましょう。

こちらはプレミアムエコノミーで検索しても設定が無い?ようでビジネスの結果しか出てきません。コスト重視で、エコノミーでの結果です。 

  

f:id:yushishi:20161230110039j:plain

f:id:yushishi:20161230111647j:plain

PP単価:10.16
獲得PP:6,662ポイント
50,000ポイント到達まで必要搭乗回数:8回

 

PP単価は悪くありませんが、国内線での修行と比較して、獲得PPが伸びません。路線倍率が国内線(2.0)に対して、東南アジア路線(1.5)の為です。日帰りできる国内線での修行の方が楽ではないかと思います。

 

まとめ

  • 広島発着国際線での、SFC修行ルートを検討した結果、シンガポール行きとバンコク行きのプレミアムクラス利用が効率的。
  • シンガポール行き、バンコク行きを自由に組合せて4セット、不足分を国内線1セット補填すれば50,000ポイント越え。
  • クアラルンプール行きはプレミアムエコノミー設定無し。エコノミーでは国内線と同等のPPしか獲得出来ず、お得感無し。

妄想してみました【2017年もしSFC修行をしたら?②広島発着国内線編part2】

ANAマイル SFC修行
前回は、【広島⇒沖縄⇒広島】路線で獲得できるPPを算出してみましたが、獲得PPの少なさにがっくり。PP単価は8.10だけに、非常に残念な結果でした。
今回は、広島発着で区間基本マイレージがしっかり稼げルートを再検討します。
【広島⇒羽田⇒沖縄⇒羽田⇒広島】をみてみます。陸マイラーの定番ルート
【羽田⇒沖縄⇒羽田】(OKAタッチ)の前後に広島往復を追加したものです。結果は以下の通り。
 

f:id:yushishi:20161227145322j:plain

PP単価:12.29(11.29)
獲得PP:4,194ポイント(8,590ポイント)
50,000ポイント到達まで必要搭乗回数:12回(6回)
注)カッコ内はプレミアムクラス利用時
PP(プレミアムポイント)算出は、下記から↓↓↓

プレミアムクラス利用すれば、搭乗回数 は6セットで完了です。PP単価は11.29ですから、パフォーマンスは低いのですが、搭乗回数を考慮すれば現実的な選択だと思います。課題は【羽田⇔沖縄】はSFC修行定番の人気路線の為、プレミアム旅割28が予約できるかどうか?
 
更に検討を進めます。
広島からは、羽田、沖縄便の他にも千歳便が存在します。
これを利用したルート【広島⇒沖縄⇒千歳⇒広島】を検討すると 
 

f:id:yushishi:20161227145418j:plain PP単価:8.18(9.91)

獲得PP:4,193ポイント(7,040ポイント)
50,000ポイント到達まで必要搭乗回数:12回(8回)
注)カッコ内はプレミアムクラス利用時
PP(プレミアムポイント)算出は、下記から↓↓↓
プレミアムクラス利用で8セットで完了です。PP単価も悪くありません。
問題は【千歳⇒広島】Air Do運行のコードシェア便(逆区間も同様)であり、プレミアムクラス設定が無く、獲得PPが低くなる事。便数が少なく、日帰りが出来ない事です。

私としては、獲得PPが多く、かつ日帰り可能な
【広島⇒羽田⇒沖縄⇒羽田⇒広島】
を選択するべきかと思います。

妄想してみました【2017年もしSFC修行をしたら?①広島発着国内線編part1】

ANAマイル SFC修行

2016年もあとわずか、あっと言う間に2017年ですね。今年は個人的にも色々あり、また応援するカープの優勝もあり、感慨深い1年となりました。陸マイラーの皆さん、特にSFC修行】を2017年に計画されている方にとっては、来年の修行日程もほぼ決まっている事と思います。


私自身は残念ながら2017年のSFC修行】は決行できません...まだ色々と準備段階ですので。私が修行する頃までにポイント改悪とか、SFC会員特典自体の改悪とか無いことを祈りつつ、SFC修行妄想してみました。


という事で、【2017年もしSFC修行をしたら、広島発着国内編】です。

まずは、先輩修行僧が開拓してくださったルート

【羽田⇒沖縄⇒羽田】(OKAタッチ)

を参考に、地元の空港を発着地として設定してみました。私の場合は、広島空港が最寄り空港となりますので、単純に【羽田】を【広島】にして

【広島⇒沖縄⇒広島】を検討してみると...こんな結果となりました。

 f:id:yushishi:20161220163452j:plain

PP単価:8.10(11.73)

獲得PP:1,950ポイント(4,050ポイント)

50,000ポイント到達まで必要搭乗回数:26回(13回)

注)カッコ内はプレミアムクラス利用時

PP(プレミアムポイント)算出は、下記から↓↓↓

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

普通席のPP単価は素晴らしいパフォーマンス(旅割75使用、1月運賃)ですが、獲得PPが少な過ぎです。流石に26回の往復には耐えられそうにありません(泣)プレミアムクラスの利用でも13回!!

広島⇔沖縄便は本数も少なく、1日2往復は不可能。週末のみの修行としたいので。1、2月のチケット代金がお得な期間での完結は無理ですね。

やはり、広島⇔沖縄では距離が短く区間基本マイレージが少なくなります。よって、区間基本マイレージがしっかり稼げるルートを検討しないといけません。

スマホ用アプリ【ANA マイレージクラブ】のデジタルカード機能は便利です。

ANAマイル

先日日【ソラチカカード】を発行しましたが、まだ受け取っていません。日本の自宅には届いているのですが、 海外駐在員の身なので…。

ソラチカカード発行については下記の記事を↓↓↓

mile-from-hiroshima.hatenablog.com

 

次回の一時帰国の準備を進めているんですが、なんとかエアチケットがとれました。 久々のスターアライアンス【アシアナ便】です。

せっかく【ソラチカカード】発行したのに、手元に無いため、搭乗後にマイル申請(事後申請)しないといけません。アシアナ便は提携航空会社の為、下記から手続き必要。

 

マイルの事後登録方法│提携航空会社│マイルを貯める│ANAマイレージクラブ

 

めんどくさいなーと思っていましたが、便利なアプリがありました。

 

スマートフォン用アプリケーション「ANAマイレージクラブ」

 

 名前はそのまんまANA マイレージクラブ】です。 提示用デジタルカード機能があり、カード忘れ等の不携帯でもチェックインカウンターにこの画面を表示したスマホを提示すれば、マイル登録ができます。

ちなみに、私はiPhoneにインストールしていますが、デジタルカード機能を表示すると、画面明るさが自動的にmaxになります。このままアプリを終了(ホームボタン)すると、画面明るさmax状態が継続してしまいます。これって、不具合?(一旦デジタルカードモードから、アプリ内で移動すると、画面明るさはリセットします)

ANAのアプリとしては、この他にもANA SKY WEB】 があります。

 

スマートフォン用アプリケーション「ANA」│ANA SKY WEB

 

こちらにはデジタルカード機能はありませんので、間違えないでくださいね。

 

おまけ

デジタルカードとっても便利ですね。プラスチックカードは財布等に入れるとかさ張りますし、重宝しそうです。 他航空会社でもデジタルカードを採用しており、私の知る限りでは、デルタ航空【FLY DELTA】もデジタルカード機能付きです。 

 

http://ja.delta.com/content/www/en_US/mobile.html

 

デルタは基本的にプラスチックカード発行しなので、今まで自分で印刷した紙カードを携帯していましたが、すぐボロボロになるので不便だな~と思っていました。 このデジタルカードがあれば全く問題ありませんね。

【空港ラウンジ利用について】ラウンジは3種類あります。

空港ラウンジ

出発前のひと時、乗り換え待ち時間を有効に、かつ快適に過ごすためには【空港ラウンジ】利用が最高です。一口にラウンジと言っても、色々種別があり、快適度も全く違います。今回は【空港ラウンジ】について紹介したいと思います。

 

①カードラウンジ⇒国内28空港42ヵ所、ホノルル、仁川にあるゴールドカード所有者が利用できるラウンジ。クレジットカード会社が共同運営しています。

特徴                                          

  • ソフトドリンク無料、おつまみ程度あり。(アルコール類は有料)                                   
  • 空港一般エリア(保安検査前)に立地している場合が多く、どの航空会社のチケットでも入場可。
  • 狭く、くつろげるスペースは無し。場合によっては相席も。まあ、つまり待合室です。   

f:id:yushishi:20161217184240j:plain         

          広島空港カードラウンジ【もみじ】
         2013年リニューアルでとっても綺麗です。
          アルコールは残念ながらありません。

 

②航空ラウンジ運営会社によるラウンジ⇒プライオリティ・パスラウンジが有名

特徴                                     

  • アルコール含む飲料、軽食無料。(アルコール有料の残念なところもあります)保安検査後のエリアにあり、乗り換え待ちにも使えます。
  • どの航空会社のチケットでも入場可。
  • カードラウンジよりはくつろげます。ただ狭いラウンジも多く、相席もあったりします。   

f:id:yushishi:20161217190026j:plain

           福岡空港ラウンジ【KALラウンジ】
   本来航空会社ラウンジ、プライオリティ・パス所有者も利用できます。
     画像には写っていませんが、アルコール類も提供しています。

 

③航空会社運営ラウンジ⇒航空会社独自あるいは、アライアンスごとで運営している上級会員向けラウンジ
特徴                                    

  • アルコール含む飲料、フード無料。そこらへんの飲食店より豪華!!
  • 運営している航空会社、アライアンスチケット保有者で、上級会員、ビジネス、プレミアムエコノミークラス以上利用者のみ入場可。
  • シャワールーム、マッサージ機等を無料提供。

f:id:yushishi:20161217184448j:plain

          LAX空港【スターアライアンスラウンジ】
    スカイトラック社「ベスト・アライアンス・ラウンジ」賞2年連続受賞
 

上記は基本的な区分ですので、カードラウンジでも豪華、航空会社運営ラウンジでも貧弱なところもあるかもしれません。
私は①、②、③どれも利用した事がありますが、やっぱ航空会社運営ラウンジが一番ですよね。時間を忘れてしまいます。
ただ、航空会社運営ラウンジに入場するためには、少なくともプレミアムエコノミーを利用する必要があり、エコノミークラス利用の場合は、上級会員資格が必要です。…どちらも高くつきますね。航空会社運営ラウンジは無理、でもアルコールが飲めるラウンジを利用したい!!


プライオリティ・パス所有すれば、ラウンジ運営会社によるラウンジを利用できる。利用する航空会社の縛りがなく、格安チケットでも大丈夫。
陸マイラーをはじめる以前、私が楽天プレミアムカード】を所有したのは、こんな経緯からです。